今はパソコンが無い生活などは考えられない時代になってきました。

パソコンが普及してきたことで新たな問題が生まれてきました。

それがVDT症候群です。

VDT症候群とは何か

VDTとはビジュアルディスプレイターミナルの略称つまりはディスプレイの事で、VDT症候群とはこれを長時間使用する事によって起こる症状の事です。

deskwork-lady

VDT症候群の具体的な症状としては目の疲れや痛みがまず挙げられます。

VDT作業中はディスプレイを凝視していますので、知らないうちに瞬きの回数が減ってしまう傾向にあります。

そのため、眼球が乾いて傷がつきやすくなったり感染症にかかってしまう可能性があります。

それ以外にもディスプレイの光による眼精疲労や視力低下もその症状の一つです。

また、キーボードを長時間同じ姿勢で打ち続けることで首から肩にかけて痛みが現れることもあります。

それらの症状をほったらかしにしていると頭痛や睡眠障害、過食や抑うつ状態など様々なストレス症状を招くことがあります。

VDT症候群の予防のために必要な事

目の疲労を回避するためにはちょっとした工夫と日常の心がけが大切です。

まずは目の乾きや不快感を抑えるためにこまめに点眼することです。

VDT作業を行う際は一時間ごとに十分から十五分程度の休憩をはさむようにしましょう。

休憩中は目を閉じたり遠くを見るなど眼に負担を掛けないようにする事が大切です。

また肩を回したり背伸びをするなど、軽く体をほぐすストレッチを行い同じ姿勢を続けないようにするのも効果的です。

ディスプレイの位置の見直しも大切です。

光が反射しない場所に設置し、視線は少し下向きになるような高さにするといいでしょう。

VDT症候群はパソコン中心の生活習慣病のようなものです。

仕事を一生懸命することはとても素晴らしい事ですが、体を悪くしてしまっては元も子もありません。

パソコンを長時間使う仕事をされている人は一度生活について見直してみてもいいかもしれません。