パソコンの普及により、仕事でディスプレイを見る時間が増えた人も多いのではないでしょうか。

パソコン普及による作業効率化が進む中、ディスプレイを長時間見続けることによる疲れ目は深刻化しています。

部屋の明るさとパソコンの関係

VDT作業などで長時間パソコンに向かう場合に大切なのは部屋の明るさです。

まず部屋の明るさをモニター画面より明るくする事です。部屋の明るさはモニターの明るさより少し明るい程度に設定するのが最適です。

外の光を取り入れることが出来るのであれば取り入れた方が良いですが、まぶしすぎる場合、外の光の量はブラインドなどを用いて調整しましょう。

パソコンデスクの上が暗い場合はデスクスタンドを別に設置し照明を足しましょう。

その際は手元全体を照らすようにすると明暗差が出来ないので眼への負担が軽くなります。モニターから視線を外した時に明暗の差が大きいとその分眼に負担がかかってしまいます。

部屋の明るさを確保して初めてモニターの明るさを変更する事が出来ます。

ディスプレイの明るさは初期設定のまま使えばよいというわけではなく、設置場所の明るさに合わせて調整する必要があります。その調整を行う事で眼への負担が軽減できるのです。

調整の際はモニターの明るさを少し暗めに設定し、徐々に明るくしていくとよいです。これは人間の眼が明るい方に順応していくためです。

視力低下防止にぴったりな明るさについて

部屋の照明とモニターの明るさのバランスを取る際のもっとも簡単な調整方法は照明下で白い紙とディスプレイを並べて二つの明るさが一致するようにすることです。そうすることによって適正な明るさに調整できます。

仕事においては紙の資料とディスプレイの画面を見比べることが多いため、紙の明るさと画面の明るさを近づけることで眼への負担を軽減する事が可能です。

ただし、日中設置環境の明るさが大きく変わってしまう場合はディスプレイの明るさもそれに応じて変更していく必要があります。