長時間にわたるVDT作業などで眼が疲れていると感じている人がいるかもしれません。

初期の段階であれば目薬で視力の低下を防ぐことが可能です。

視力低下を防止する目薬について

視力が低下する原因はムチンと呼ばれる物質の分泌量が減るためで、眼の表面を覆っている涙の層にムラが出来てしまい眼に入る光の屈折が変わってしまうためです。

それを改善すべく、ムチンを一時的に補うのではなく、分泌をスムーズにするようにするための目薬が開発されました。

ジクアホソルという成分はテレビ番組で紹介されて話題になりました。

これはドライアイのための目薬で眼の表面に存在するP2Y2受容体に作用し、眼の表面を保護するためのムチンの分泌を促す役割をしています。

このジクアホソルはドライアイの治療に使用されています。

効果が出るまでにはそれなりに時間がかかるため、長期に使用する必要があります。

また、レパミピドという成分もドライアイの治療に用いられている成分です。

この点眼液は眼痛などの症状を緩和する作用もあるようですが、点眼後数分は目がかすんだり苦みを感じることがあるようですので、使用の際は少し注意が必要ですね。

ミドリンMは眼のピント調整機能に作用する目薬です。

用途としては仮性近視の治療などに用いられています。

パソコンの画面をずっと見続けることで緊張してしまった毛様体に作用し、弛緩させる効果があると言われています。

市販の目薬に期待できる効果

市販の目薬にも眼の疲れや眼病予防などに効果が期待できる製品があります。

その期待できる効果としては疲れ目などで乾燥を感じる症状に対して涙を保持する効果や眼精疲労に対するピント調整機能、炎症やかゆみなどの抑制機能などがあります。

眼科を受診するほどではないけれど、最近目の調子が悪いかもしれないと感じた場合は市販の目薬でも視力低下を防ぐ効果が期待できます。

市販の目薬ですので近くのドラッグストアやネット通販で購入できます。

手軽に購入できるのは嬉しいですよね。