最近は長時間のPC業務が多い仕事をしている人が増えてきました。

その分、目に負担がかかり視力の低下や近視の進行が進んでいる人が増えてきています。

パソコンと視力の関係について

notepc

PC作業において視力が落ちる原因の一つとして考えられるのがブルーライトです。

ブルーライトは人間の目で見ることが出来る可視光線の一つです。このブルーライトは人間の目への負担が大きく、疲れ目の原因になると言われています。
最近はこのブルーライト対策のためのPCメガネやブルーライトを低減したPCモニターも売られています。

それ以外にもパソコンのディスプレイは紙などに書かれた文字と違って鮮明ではないので、長時間見続けることで眼に大きな負担を与えてしまいます。

 

ディスプレイの文字の確認のために画面を凝視していると瞬きの数が減少し、眼が乾燥してしまいます。

眼が乾くだけならそんなに問題ではないのではないかと思われがちですが、そこから疲れ目に発展し、更には眼精疲労に発展する可能性があるのです。

つまりパソコンを使う事が視力低下になるのではなく、長時間近い距離で発光するディスプレイを見続けることが視力の低下につながるのです。

視力低下を防ぐために実践したい事

パソコンだけではなくスマホにも言えた事ですが、近い距離を長時間じっと見る事が眼に過度な負荷をかけてしまい疲労が蓄積してしまい結果として視力が低下するのです。

PCを使って作業を行う時は一時間ごとに数分でいいので眼球を動かすなどのストレッチを取り入れましょう。
適度な休憩を挟むことが大切です。

また休憩を挟む際に可能であれば遠くを見ることが出来ればさらに良いです。遠くを見ている時、眼はリラックスしている状態になります。近距離のディスプレイを見続けていたのであれば、眼を休ませることが出来ます。

そうすることで眼精疲労の蓄積を遅らせることになるのです。眼の健康維持の為にはきちんとしたケアが必要です。