ganseihirou

今はたくさんの職場においてPCが普及し、一人に一つパソコンが割り当てられる状況も当たり前のようになってきました。
パソコンが個人レベルで普及されるようになり、個人がパソコンを使った作業を長時間行うケースも増えてきていますので、それだけ視力低下のリスクも増えてきているのです。

VDT症候群に要注意

今ではパソコンは職場において必須のものとなっており、職場によっては個人レベルで普及されている所も少なくありません。

パソコンを全く使わない人の方が珍しくなってきたほどです。

VDT症候群という言葉をネットや新聞などで見たことがある方がいるかもしれません。

VDTとはコンピューターの液晶やブラウン管などのディスプレイを指す言葉です。そのVDT作業が原因となって症状を訴える人が近年増えてきています。

これをVDT症候群あるいはテクノストレスと言い、長時間VDT作業を行う人に症状が顕著に現れる傾向にあります。具体的な症状としては近視や角膜炎、結膜炎の他にめまいや吐き気があります。

視力低下の原因について

VDT作業は入力作業や確認作業のために画面を凝視します。画面を凝視する事で自然と瞬きの回数が少なくなり、眼が乾燥してしまいます。その結果、眼への疲労が蓄積して視力の低下につながっていくのです。

物を見る際には適切な距離があります。VDT作業はこの距離が近くなりすぎる傾向にあるのでさらに目に負担がかかってしまいます。

人は物事に集中すると、それにどんどん近づいていってしまう癖があります。勉強に集中しすぎて気が付いたらノートに顔が近くなりすぎてしまうのがいい例です。 集中していると、知らず知らずのうちに眼はそのものに対して近づいていってしまうのです。

普段から画面に近づきすぎないようにする習慣をつけて、正しい姿勢で眼に負担を掛けない距離を維持しましょう。

慣れるまでは上手くいかないかもしれませんが、気が付いた時に姿勢を正すようにしていけばそれで問題ありません。